日本史人物解説

仁徳天皇についてわかりやすく解説

このページでは、仁徳天皇(にんとくてんのう)について簡潔にわかりやすく解説します。

仁徳天皇について簡単に解説

仁徳天皇について簡単に解説します。

仁徳天皇は、5世紀はじめに存在した大王です。
「記紀(古事記・日本書紀)」では、応神天皇に次ぐ16代天皇とされています。

仁徳天皇は、『宋書』倭国伝の「倭の五王」の讃または珍に該当すると考えられています。

陵墓は大阪府堺市の大仙陵古墳(だいせんりょうこふん)であるとされています。
大仙陵古墳は百舌鳥古墳群を構成する古墳の1つで、日本で1番大きい古墳です。

受験生がおさえておきたいポイント

大学受験で日本史を勉強している受験生へ、おさえておきたいポイントをピックアップします。
受験日本史での「仁徳天皇」の重要度は★★です。(5段階中の2)
陵墓が大仙陵古墳であるということを覚えておけば良いでしょう。

  • 仁徳天皇は5世紀に実在した可能性の高い大王。
  • 倭の五王の讃または珍に該当すると考えられている。
  • 陵墓は大仙陵古墳。

仁徳天皇のエピソード・逸話

仁徳天皇は、人民の苦しみを見て3年間の課役徴収を停止するなど、仁政を施した王として伝えられています。

仁徳天皇の史跡など

大阪府堺市の大仙陵古墳が、仁徳天皇の陵墓であると伝えられています。

以上、仁徳天皇について解説しました。
最後までお読みいただきありがとうございます!

こちらの記事もおすすめです

仁徳天皇に関係のある人物や出来事などの記事へのリンクです。
ぜひ見てくださいね(^^)

倭の五王
倭の五王についてわかりやすく解説このページでは、倭の五王(わのごおう)について簡潔にわかりやすく解説します。 倭の五王について簡単に解説 倭の五王について簡...
応神天皇
応神天皇についてわかりやすく解説このページでは、応神天皇(おうじんてんのう)について簡潔にわかりやすく解説します。 応神天皇について簡単に解説 応神天皇につ...

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)