日本史人物解説

壱与(台与)についてわかりやすく解説

このページでは、壱与(いよ)について簡潔にわかりやすく解説します。

壱与について簡単に解説

壱与について簡単に解説します。
壱与が活躍した時代は弥生時代後期です。
生誕年や死没年についてはわかっていません。

「魏志倭人伝」には、壱与は卑弥呼の宗女であると書かれています。
宗女とは一族の女性のことと解釈されています。
つまり、卑弥呼の娘ではありません。
姪などにあたるのでしょうか。

卑弥呼の死後、邪馬台国では男の王が立ちましたが、国中が服さず、戦乱状態に陥りました。
そこで壱与を女王に立てたところ、戦乱が治まりました。
このとき壱与は13歳の少女だったといわれています。

受験生がおさえておきたいポイント

大学受験で日本史を勉強している受験生へ、おさえておきたいポイントをピックアップします。
受験日本史での「壱与」の重要度は★★★です。(5段階中の3)
壱与は卑弥呼の娘ではなく、一族の女性(宗女)ですので勘違いしないようにしましょう。

  • 壱与は卑弥呼の一族の女性(宗女)。
  • 卑弥呼の死後、男王が立ったが国が乱れたため、壱与が女王になった。

壱与のエピソード・逸話

壱与(いよ)の名前には諸説あります。
「魏志倭人伝」には「壹與(壱与)」と書かれていますが、後代の「宋書倭国伝」には「臺與(台与)(とよ)」と書かれていて、どちらかが誤りであると考えられています。

壱与の時代(3世紀後半)のことが中国の歴史書に書かれて以降、倭の五王が登場する5世紀前半まで、日本でのできごとは文書の記録に残されていません。
この間のことを「空白の150年」とか「空白の4世紀」と言ったりします。

以上、壱与についての解説でした。
最後までお読みいただきありがとうございます!

こちらの記事もおすすめです

壱与に関係のある人物や出来事などの記事へのリンクです。
ぜひ見てくださいね(^^)

卑弥呼
卑弥呼についてわかりやすく解説このページでは、卑弥呼(ひみこ)について簡潔にわかりやすく解説します。 卑弥呼について簡単に解説 卑弥呼について簡単に解説します。 ...

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)