日本史用語解説

乙巳の変とは?わかりやすく解説

日本の歴史を語る上で避けて通れない重要な出来事の一つが「乙巳の変」です。
この記事では、乙巳の変についてわかりやすく解説します。
645年に発生したこの政変は、中大兄皇子と中臣鎌足によって起こされ、日本史の流れを大きく変えた事件です。
蘇我氏の独裁政治に終止符を打ち、天皇中心の政治体制への転換を促しました。
乙巳の変の背景、経過、そしてその後の影響について、一つひとつ丁寧に解説していきますので、この歴史的転換点を深く理解しましょう。

この記事でわかること

  • 乙巳の変が何であるかとその歴史的背景
  • 中大兄皇子と中臣鎌足がどのようにしてクーデターを実行したか
  • 蘇我氏の政治権力がどのように崩壊したか
  • 乙巳の変が日本の政治体制にどのような影響を与えたか

乙巳の変とは?わかりやすく解説

乙巳の変について、下記のポイントで解説していきます。

  • 乙巳の変の背景:蘇我氏の独裁と政治権力
  • 乙巳の変の経過:計画的なクーデターと暗殺
  • 乙巳の変後の影響:大化の改新への道筋
  • 乙巳の変の歴史的意義:日本政治史の大転換

乙巳の変の背景:蘇我氏の独裁と政治権力

7世紀中頃、日本の政治は、蘇我氏による独裁的な権力行使によって支配されていました。
特に蘇我入鹿は、強力な影響力を背景に、政治的な対立者を次々と排除。
彼の治世下では、皇族や貴族の間でさえも、蘇我氏に対する反感と不満が渦巻いていました。
こうした中、天皇家の血を引く中大兄皇子と、神官の家系である中臣鎌足が、蘇我氏の専横に対する反旗を翻すことを決意します。

乙巳の変の経過:計画的なクーデターと暗殺

645年7月10日、中大兄皇子と中臣鎌足は、巧妙に計画されたクーデターを実行に移しました。
彼らは、飛鳥板蓋宮の大極殿で、三韓からの使者を迎える儀式中に蘇我入鹿を暗殺。
この計画の際、中大兄皇子らは蘇我氏に対する不満を持つ他の貴族や兵士たちの支持を得ていました。
この暗殺により、蘇我氏の政治的な基盤は瞬く間に崩壊し、日本政治の新たな時代への扉が開かれたのです。

乙巳の変後の影響:大化の改新への道筋

蘇我氏の滅亡後、中大兄皇子と中臣鎌足は天皇中心の政治改革を推進し、これが翌年の646年に始まる「大化の改新」と呼ばれます。
この改革では、従来の豪族による地方支配から、中央集権的な国家組織への転換が図られました。
具体的には、土地や民を国の管理下に置く公地公民制の導入、全国を国と郡に分ける国郡制の確立などが行われ、日本の政治・社会構造は根本から変わりました。

乙巳の変の歴史的意義:日本政治史の大転換

乙巳の変は、日本史上における政治的パラダイムシフトと言えます。
この政変は、天皇中心の国家体制への移行を象徴し、以降の日本の政治史において重要な基盤を形成しました。
さらに、この出来事は、政治権力の集中と分散が日本の歴史においてどのような影響をもたらすかを示す一例として、現代においても学ばれています。

乙巳の変とは?わかりやすく解説の総括

最後にこの記事のポイントをまとめます。

  • 乙巳の変は645年に起きた日本史上の重要な政変
  • 中大兄皇子と中臣鎌足が主導し、蘇我氏に対してクーデターを起こした
  • 蘇我入鹿と蘇我蝦夷が暗殺され、蘇我氏の政治権力は崩壊した
  • この政変により天皇中心の国家体制への移行が始まった
  • 翌年の646年に大化の改新が始まり、日本の政治体制が大きく変化
  • 公地公民制の導入や国郡制の確立などが行われた
  • 従来の豪族による地方支配から中央集権的な国家組織への転換が図られた
  • 乙巳の変は日本の政治史における重要な転換点と位置づけられる
  • 政治権力の集中と分散が日本歴史に与える影響を示す事例
  • 乙巳の変は天皇を中心とした国家体制の確立を象徴する出来事
  • 政治の歴史における権力の移動と新しい時代への移行を象徴
  • この政変は現代の日本政治史を学ぶ上で重要な基盤を形成している
U-NEXT
  • 無料トライアルで31日間無料!
  • 過去の名作から現在放送中の作品まで!
  • ポイントを使えば実質無料!

-日本史用語解説